[本文へスキップ]

[本文はここから]

東京メトロ「虎ノ門駅」からみなさんぽ


東京メトロ「虎ノ門駅」
東京メトロ「虎ノ門駅」

新年、明けましておめでとうございます。
2018年は、とても天気の良い1日から始まりました。東京オリンピックまで残り2年。
良い年になるよう、願います。

2018年、最初のみなさんぽは東京メトロ「虎ノ門駅」からスタートします。

金刀比羅宮へごあいさつ

金刀比羅宮
金刀比羅宮

虎ノ門駅を出て、桜田通りを歩いていくとすぐに金刀比羅宮(ことひらぐう)があります。
ビルが立ち並ぶ虎ノ門の一角に金刀比羅宮は建てられています。
年明けということで、たくさんの人で賑わっていました。この辺りはオフィス街なので、スーツを着たビジネスマンがほとんどです。
この日から仕事初めという会社も多いことでしょう。しっかりとお祈りをして新しい1年のスタートです。

虎ノ門トンネル

虎ノ門トンネル
虎ノ門トンネル

虎ノ門トンネルは、新橋と虎ノ門を結ぶトンネルです。
トンネルは、新橋ー虎ノ門間の約1.4kmが結ばれています。
虎ノ門のビルの下を通るトンネルは、都内の渋滞の解消や、2020年の東京オリンピックでのアクセスを考えて建設がされました。

愛宕神社の出世の石段

出世の石段
出世の石段

虎ノ門駅から、愛宕通りを進んでいくと、愛宕神社です。
愛宕神社は、標高26メートルの愛宕山の山頂にあります。愛宕神社までは、いくつかのルートがありますが、正面の「出世の石段」のルートが、なんともご利益のありそうなルートです。
石段の数は86段もあり、幅が狭くて急なので険しい道のりです。気合を入れて登り始めました。
3分の1くらいのところからブルっとくるような恐怖を感じつつも、上を目指します。半分くらいまでくると、もう後ろは振り返ることはできませんね。クラクラするような恐怖感です。「足を滑らせたら最後だぞ!」と心の中で自分に言い聞かせます。
残り3分の1あたりまでくると、ブルブルくるような恐怖感。落ちないように、自然と体が前かがみになります。
ようやく登り終えると、なんとも言えない達成感!を感じました。
そして、その先には、敷地いっぱいの参拝者の行列。せっかくここまで登ってきましたが、遠くから神社にご挨拶をして出発をします。

愛宕山のNHK放送博物館

NHK放送博物館
NHK放送博物館

愛宕山には、愛宕神社の他にNHK放送博物館があります。
NHK放送博物館は、NHKが運営する放送に関する博物館です。放送の歴史に関する実物展示や、誰でも自由に利用できる「番組公開ライブラリー」や「図書・史料ライブラリー」などが公開されています。

お焚き上げ

お焚き上げ
お焚き上げ

今回は新年ということで、金刀比羅宮、愛宕神社へ参拝をしてきました。
神社には、お焚き上げをするために、年の初めには多くのお札やお守りなどが預けられています。
思いを込めたものには気持ちが宿ると考えられ、必要としない状況になったときには、御礼を捧げ、浄火することによって天上へ還すという意味があります。これまでは神社で焼いている様子がありましたが、最近では環境への配慮から境内での焼納や、野焼きを控える神社や寺院が多くなっているそうです。

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

COPYRIGHT © 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 〒105-0004 東京都港区新橋1丁目18番15号 佐伯ビル2F TEL 03-3593-2241 FAX 03-3593-2245