[本文へスキップ]

[本文はここから]

東京メトロ「六本木一丁目駅」からみなさんぽ


東京メトロ「六本木一丁目駅」
東京メトロ「六本木一丁目駅」

2月に入り、本格的な冬の寒さとなりました。1月には東京でも雪が積もりましたね。
街は真っ白できれいな雪景色となりましたが、電車が止まってしまったりと、移動手段として電車がメインの東京ではあまり喜べるものではありませんでした。大きなビルが多く、日影になっている場所では、しばらく雪が溶けずに残っていました。
2月の寒さを乗り越えれば、いよいよ3月。温かい春の季節が待ち遠しいですね!
2月のみなさんぽは、東京メトロ「六本木一丁目駅」からスタートします!

なだれ坂から

なだれ坂
なだれ坂

港区には、たくさんの坂があります。それぞれの坂には特徴的な名前がついています。
今回は、六本木一丁目駅から出てすぐの「なだれ坂」。坂の前半はゆるやかな坂ですが、後半は割と角度があり、歩くのに一苦労です。港区に住んでいる方々は、きっと足腰が丈夫なことでしょう。
街を歩くのにも一苦労する坂道なので、雪が降った日には注意しなければ危なくて歩けませんね。

善学寺

善学寺
善学寺

なだれ坂沿いには、善学寺があります。六本木一丁目駅から徒歩3分の距離です。
門をくぐった先は駐車場になっていて、その先が本堂という変わった造りをしています。
寛永3年(1626)に創建されたお寺だそうです。
学問にご利益のありそうな名前のお寺ですね。

樽町公園

樽町公園
樽町公園

樽町公園は、ミッドタウンの裏にある大きな公園です。樽町公園は芝生のエリアと、日本庭園のエリアがあります。
芝生エリアでは、近所の園児たちが先生に連れられて遊びに来ています。自然の少ない東京で日中広い公園で思い切り遊べる施設は大切ですね。
日本庭園エリアの大きな池には、写真ではわかりにくいですが、うっすらと氷が張っていました。池が凍るほどの寒さ・・・早く温かい春を迎えたいですね。

毛利家庭園跡

毛利家庭園跡地
毛利家庭園跡地

樽町公園の付近は、萩藩・毛利家の麻布下屋敷の庭園でした。
庭園は、「清水亭」とよばれていて、当時は名園の一つだったそうです。
樽町公園の「樽町」の由来は、邸内に樽の木が多かったことから「樽屋敷」と俗称されており、かつての樽町という地名もここから由来しているそうです。

日当たりがよければ・・・

六本木西公園
六本木西公園

ミッドタウンの近辺では、もう一つ六本木西公園もあります。こちらは大通り沿いにある公園です。
ビルに囲まれている公園なので、日当たりはあまり良くはなさそうです。夏は日影ができて嬉しいですが、冬は日が当たらないと寒いですね。
入り口付近には、地下駐輪場がありました。

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

COPYRIGHT © 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 〒105-0004 東京都港区新橋1丁目18番15号 佐伯ビル2F TEL 03-3593-2241 FAX 03-3593-2245