[本文へスキップ]

[本文はここから]

東京メトロ「青山一丁目駅」からみなさんぽ


東京メトロ「青山一丁目駅」
東京メトロ「青山一丁目駅」

3月に入り、凍るような冬の季節から暖かな春の季節に移り変わっていきます。春の季節はやはり待ち遠しいものですね。
花粉症の方にとっては、花粉が舞って悩ましい季節ではありますが、しっかりと花粉症対策をして春の季節を楽しみましょう。
3月のみなさんぽは、東京メトロ「青山一丁目駅」からスタートです!

冬の「いちょう並木」

いちょう並木
いちょう並木

「青山一丁目駅」は、元赤坂の赤坂御用地のすぐ横に出口があります。
赤坂御用地の周辺には、警備の方が巡回していて厳重に守られています。御用地は、大使館と同じように撮影ができませんのでご注意ください。
青山通りを歩いていくと、有名な神宮外苑の「いちょう並木」です。神宮外苑まで続くいちょうの木は全部で146本も植えられています。秋の季節には、とても美しい黄金色に色づきます。現在は、冬の季節の一休みといった感じですかね。寒い冬の季節も、もうすぐ終わり秋の紅葉に向けて葉をつけていきます。

秩父宮ラグビー場の名

秩父宮ラグビー場
秩父宮ラグビー場

いちょう並木のすぐ横は秩父宮ラグビー場です。
秩父宮ラグビー場は、ラグビー専用競技場として昭和22年に女子学習院跡地に「東京ラグビー場」として完成しました。
現在の「秩父宮ラグビー場」という名は、昭和28年に財団法人日本ラグビーフットボール協会の名誉総裁であった秩父宮殿下のご遺徳を偲び、「東京ラグビー場」から「秩父宮ラグビー場」へと名を改めました。
近くには、「神宮球場」「国立競技場」と、歴史の深い競技場が並びます。

横断歩道がなかなかない。

歩道橋から
歩道橋から

いちょう並木の先の神宮外苑まで行ってしまうと港区をはみ出してしまうため、再び駅の方面へ戻ります。
青山通りの横断歩道を渡り、青山霊園の方面へ。このあたりの道路は、横断歩道が少ないので反対方向へ用事があるときは歩道橋を渡っておくことをおすすめします。
青山霊園側を歩いていて、道の反対側に公園を見つけましたが、どこまで行っても横断歩道が見当たらなかったため歩道橋まで戻ってきました。

公園の隣に公園

青山公園と青葉公園
青山公園と青葉公園

青山公園は青山霊園の道を挟んで反対側にあります。
青山公園はとても広い公園です。滑り台とかブランコみたいな遊具はありませんが、広々とした芝生のエリアがあり近所の園児が先生と一緒に遊びに来ていました。東京の青山でこれだけ広い公園でのびのびと思いっきり遊べる場所は大切な環境ですね。
青山公園のすぐ隣には、「青葉公園」があります。公園のこんなに近くに公園?と思いますが、青山公園は都立の公園で青葉公園は港区立の公園です。青葉公園は青山公園ほどの広さはありませんが、遊具がいくつか設置されています。互いに補いあっている印象を受けました。

青山霊園

青山霊園
青山霊園

再び横断歩道を渡り、青山霊園へ。青山霊園は、南青山二丁目にある東京都立の霊園です。敷地面積は約26万平方メートルと、広大な霊園です。霊園は、桜並木が名所となっています。また、明治維新の功労者や文学者・科学者・芸術家・政治家等の著名人の墓所が数多くあるため霊園めぐりにくる方も多いようです。

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

COPYRIGHT © 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 〒105-0004 東京都港区新橋1丁目18番15号 佐伯ビル2F TEL 03-3593-2241 FAX 03-3593-2245