[本文へスキップ]

[本文はここから]

「第10回 元プロ野球選手指導による少年野球教室」が開催されました

2017.11.22

集合写真
集合写真

11月19日(日)、公益社団法人東京都宅地建物取引業協会港区支部主催による『第10回 元プロ野球選手指導による少年野球教室』が、港区埠頭少年野球場にて開催されました。
この事業は「健全な青少年の育成のため」を目的として公益社団法人への移行前から実施していたもので、港区軟式野球連盟の協力で区内8チームの少年軟式野球チームが参加いたしました。
講師には、元プロ野球選手「高橋 直樹氏」「土屋 弘光氏」「藤野 正剛氏」をお招きし、子どものみならず指導者も含め、元プロ野球選手の指導を受け、更に野球への情熱が高まったものと感じました。
開会にあたり、三ッ石支部長より主催者挨拶、公務多忙な中ご出席いただいた武井港区長代理として港区教育委員会事務局の新宮次長、そして菅野都議会議員からもご挨拶を頂きました。
参加者代表の本村クラブ「伊藤正雄(イトウマサオ)」君から、講師の皆さんへの「今日は一日、よろしくお願いします!」という元気な挨拶で閉会式は終了いたしました。
肌寒さは感じるものの晴天に恵まれ、講習会では野球の基本である走塁、キャッチボール、守備、バッティング、ピッチングなど多岐に渡る熱心な指導が、予定時間一杯まで続きました。子どもたちの真剣な表情、ほめられた時の笑顔、失敗しても次を求める旺盛な欲求。少しでも上手になりたい!という思いが、その表情、行動からも感じられました。そん中、多少のやり足りなさを表情にわずかに浮かべつつ、無事講習会は終了いたしました。
終了後の閉会式には、忙しい中、池田港区議会議長様が駆けつけて頂き、激励のご挨拶を頂きました。また講師陣(高橋さん、土屋さん、藤野さん)からは、「今年はレベルが高かった」「今日覚えた事を忘れずに小さなことからコツコツと練習の中で技術を積み上げていって欲しい。」「野球の先輩として嬉しかった。」「守備、走る、バッティング。基礎をとにかく大切にしてください。」「野球だけでなく学校では勉強もやって、楽しみながら野球をしましょう」、「これからもずっと野球に情熱を向けて頑張って欲しい」との総評とともに、子どもたちへの温かいエールをいただきました。その言葉を受け、参加者代表、東京サニーズ・大沼亜斗夢(オオヌマアトム)君からの「今日は一日、ありがとうございました!」という精一杯の元気な挨拶で、講師の皆様への感謝の想いをお伝えしました。
閉会式の最後には、三ッ石支部長より各チームへ新球の贈呈を行うとともに、記念写真の撮影が行われました。
撮影終了後にお配りした宅建協会オリジナルのノベルティ(クーラーバッグ、ホイッスル&LEDライト付きペン、クリアファイル、ハトっち飴)では、みな熱心に自分のお気入りのカラーを選ぶ姿が見られました。

三ッ石支部長挨拶
三ッ石支部長挨拶
港区教育委員会事務局・新宮次長(武井港区長代理)
港区教育委員会事務局・新宮次長(武井港区長代理)
菅野都議会議員
菅野都議会議員
バッティング指導1
バッティング指導1
バッティング指導2
バッティング指導2
ピッチング指導
ピッチング指導
ベースランニング指導
ベースランニング指導
池田港区議会議長
池田港区議会議長
港区支部よりボールのプレゼント
港区支部よりボールのプレゼント

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

COPYRIGHT © 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 港区支部
  • 〒105-0004 東京都港区新橋1丁目18番15号 佐伯ビル2F TEL 03-3593-2241 FAX 03-3593-2245